食味レビュー一覧へ→
WEB魚図鑑 食味レビュー
(★の多い順)


マアナゴ



総合評価:(全12件)
【レビューを投稿】
並び替え:投稿順 ★の少ない順 食べた時期順

食味評価: 投稿者:ハゲ 投稿日:2010/02/09
採れた場所:神奈川県(江ノ島)  時期:2月上旬  料理方法:焼き
よく塩で揉んで、千枚通しで固定すれば簡単に捌けます。
白焼きでいただき、余りを茶漬けにしてもなお美味しい。
骨はせいべい、アタマとシッポはおすましの出汁と、とても良い晩酌になりました。


食味評価: 投稿者:taka 投稿日:2011/04/18
採れた場所:静岡県(沼津(木負))  時期:5月上旬  料理方法:蒲焼き
鯛釣りの外道として釣れました。まさかアナゴが釣れるとは思っていなかったので、最初はウミヘビかと思いきや、50cmオーバーの立派なマアナゴ。持って帰って開いて蒲焼きにしましたが、美味いの何の。その後もスーパー、魚屋などでマアナゴを買ってみますが、あの釣りたてマアナゴを越えるアナゴには出会っていません。焼き魚としては最強の部類だと思います。


食味評価: 投稿者:ヘッポコアングラー 投稿日:2011/05/14
採れた場所:静岡県(清水港)  時期:6月上旬  料理方法:蒲焼
蒲焼にするととてもおいしいです。
自分的には、鰻よりもクセがなくて好きです。


食味評価: 投稿者:竜馬 投稿日:2007/10/01
採れた場所:神奈川県  時期:9月上旬  料理方法:刺身
 最近アナゴの刺身を出す店が増えてきたので、自分でも刺身に料理してみた。普通に背開きし、背骨と脇骨をとる。他の細かい骨は取らなくても大丈夫。その後、皮を剥ぐのも意外と容易い。
 刺身に出来るのは新鮮なものでないと、まずくて食えなくなる。活きているものなら問題なし。シメても(あるいは動かなくなっても)、心臓はそこそこ長い時間動いているので、心臓が動いている頃は美味。脇骨を落とす際、身がピクピク動けばOK。その頃は身もまだ透き通っているが、白く濁ってしまったらもう煮るなり焼くなりするしかない。30〜40cmのものが美味しい。大きいと死んでからの足が速くなるし、骨も邪魔になってくる。


食味評価: 投稿者:田村颯登 投稿日:2007/11/11
採れた場所:岡山県  時期:10月上旬  料理方法:刺身


食味評価: 投稿者:てっちゃん 投稿日:2009/12/03
採れた場所:北海道(室蘭市・白鳥大橋付近)  時期:10月上旬  料理方法:煮あなごにしてあなご飯
今年の夏ごろから投げ釣りをはじめ、
いちばん大物の60センチのあなごを煮あなごに。
細かく刻んであなご飯にしていただきました。


食味評価: 投稿者:しんた 投稿日:2014/01/03
採れた場所:兵庫県(第四突堤)  時期:11月上旬  料理方法:天ぷら、煮付け
骨を取るのが面倒ですが、食味はバツグン
今年は大きなのも釣れたし、美味かった!


食味評価: 投稿者:毛 投稿日:2012/12/05
採れた場所:静岡県(清水港)  時期:11月上旬  料理方法:煮付け
文句なく最高の味。
さばく時には包丁ではなくカミソリをつかうととても楽です。


食味評価: 投稿者:キティ 投稿日:2008/01/13
採れた場所:高知県(桂浜)  時期:12月上旬  料理方法:天ぷら
最強と言わざるを得ない。今まで釣った魚で一番うまかった。カッターでさばきました


食味評価: 投稿者:さんた 投稿日:2007/10/10
採れた場所:岩手県(釜石市の某漁港)  時期:9月上旬  料理方法:天ぷら、煮付け、味噌焼き
釣り歴やっと3ヶ月半で待望の穴子を7匹釣りました。
大きさは最長70p〜最小45p位のもの。
私は「穴子天」を作る気満々でしたが、釣り場で知り合った地元の方が色々アドバイスをしてくれ、大きめのものは煮穴子、中型は甘味噌を塗って焼き物、そして小さいものを天ぷらにしました。さすが地元の方のアドバイスは的確で、どれも大変美味でした。骨は2度揚げして骨せんべいにして、頭と内臓だけ残して完食です!


1件〜10件(全12件)  1 | 2

※魚の味の評価は季節や場所、食べた方の感覚によってよって大きく変動しますので、
あくまで参考としてご利用ください。★評価の凡例は、 こちら をご参照ください。


WEB魚図鑑 | 釣りフォーラム | 釣具通販Gear-Lab