2005年4月20日

ギターの「鳴り」について

OOO-28ECのおかげで、長年抱いていた「ギターにおける鳴り」についての認識がだいぶ変わってきたので、書いておく。

長岡鉄男が「スピーカーは能率である」と断言していて、それはまったくもっともなことであり、能率の高いスピーカーは音離れが良く、ダイナミックレンジが広大で、音楽をいきいきと表現する。・・・傾向がある。

たとえば、出力音圧レベル90dbのスピーカーと80dbのそれとでは、ざっといってアンプの出力が10倍になったのと同等になる。30Wのアンプが、見かけ上300Wで動作することになるわけで、いかにアンプは出力ではないとはいえ、この差は大きい。

反対に能率が低いと、音は鈍く暗くなり、反応は遅く、ダイナミックレンジは狭く、どちらかというと大出力アンプを組み合わせた大音量でないと、本来の性能を発揮しにくい。・・・傾向がある。

ギターも同様だろうと思っていた。

特にアコースティックギターの場合は、電気的な要素が存在しないので、楽器そのものの鳴り=能率が十分に高くないと、小音量から大音量までの音量の幅=ダイナミックレンジが狭くなり、音楽的な表現力が弱くなる。

つまり、ギターにおける表現力とはダイナミックレンジであり、おおまかにいえば「鳴り」のことだと、なんとなく思っていたわけである。

ところが、ぼくのOOO-28ECは、若いせいもあるがそんなに鳴る楽器ではない。むしろ、長年親しんできたVGやスリーS(オールドマーチンのコピー)の方が、ずっと鳴りは良い。特に20年が経過したスリーSなどは、小さなボディなのに実にセミが鳴くごとく、盛大に鳴るのだ。Yahoo!オークションなら、「激鳴り」とキャッチをつけてもよい。

なのに、音楽性、表現力、楽しさといった点では、やはりマーチンなのだ。それも、位がちがう、桁がちがうといったほどの差が出てしまった。しばらく、頭の中を「?」が飛び交っていたのだが、ここではたと気づいた。

これもまた、スピーカーと同じなのだ。能率の高いスピーカーは、原則、長岡鉄男のいう通りの美点があるのだが、実際の製品では、音が粗く、がさがさして、あるいはそこまではないにしても音色的に魅力に欠けるものが、残念ながら多い。

同様に、10年たち、30年たち、材が枯れてきて鳴りが良くなったギターであっても、もともとの「音」が良くなければ、がさつな胴間声のような鳴りになりやすいのだ。

なんだ。そういうことだったのか。と、拍子抜けするほど単純な話だったのだが、これもまた、マーチンを弾き込んでみないことにはわからないことだった。

「激鳴り」は、もちろん歓迎すべきことだが、ぼくの中でのそのことの価値と意味は、ずいぶん下がってしまった。70年代の、当時ちょっと良かったギターを集めてみようかと考えていたのだが、たぶん、それらを手にしたところで、そんなに可愛がってはやれないことだろう。

マーチンは思ったほど鳴りが良くないのが多い。とよくいわれるし、ぼくもそう思っていたのだが、今となっては「だから何なの?」なのだ。特に若いギターなら、鳴りがもうひとつなのは当然だし、ギターにおける音楽性とは、それとはまた別の要素だ。

単純に音色というのもちがう。演奏性や操作性、バランスなどなど、ギターは、こうあってほしいなあという感性でもって練りこまれてきたひとつの楽器としての完成度の点で、また、実際に弾いた時の楽しさの点で、わがマーチンはVGやスリーSとは比較にならなかった。

なるほどなあ。
と思うわけである。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fishing-forum.org/mt4/mt-tb.cgi/898

コメント

はじめまして。コメントありがとうございました。
ぼくにとって初めてのマーチンなのですが、
弾きやすい、弾きあきないということでも、いいギターと思いました。
オーディオは自作スピーカーをかつてたくさん作りましたが、現在工作は休止中。
スーパースワンという10cmフルレンジのバックロードホーンを、
友人から譲ってもらった金田アンプで鳴らしています。

はじめまして興味のある内容でした。
一本のオーケストラと言われるだけあって奥行きがある音ですよね
マーチンといえばD-45ですが 初めて音色を聞いたときは衝撃的でした。ギターでこんな綺麗な音がでるんだ。と感動してしまいました。
マーチンの音は他のどのギターと比べても格が違うような気がします。
オーディオは能率もダイナミックレンジもかなり大切ですが 相性も大切だと思います。

コメントする