食味レビュー一覧へ→
WEB魚図鑑 食味レビュー
(投稿順)


アカエイ



総合評価:(全7件)
【レビューを投稿】
並び替え:★の多い順 ★の少ない順 食べた時期順

食味評価: 投稿者:エイ好き 投稿日:2021/08/08
採れた場所:鹿児島県(志布志周辺)  時期:7月上旬  料理方法:エイヒレ(味付け後、乾燥→炙って一味マヨをつけて⭐️)
臭いの原因となるので
釣り場での血抜きは必須です。
かなり大量の血が出るのでエラの
上下から、両方からナイフ等で傷を入れ
タモに入れて上下に揺すって
しっかりと十分に血抜きを行う。
胴体部分の内臓を守っている液体が
とても臭うので、胴体は傷つけずに
左右のヒレだけを持ち帰るのが得策✨
左右のヒレを持ち帰り皮を軍手を使って引っ張り剥ぐ。
皮のヌメリには生息環境次第で少し毒を持つことがあるので
皮は必ず取ることをオススメします。
醤油・みりん・酒(お好みで一味)を混ぜて
煮立たせてアルコールを飛ばす。
ジップロックに調味料とエイヒレを入れ
しっかりと味を染み込ませる(数時間〜半日)。
味がついたら水気を拭き取り
干しネットに入れて風通しの良いところで干すか、
冷蔵庫にキッチンペーパーで挟んで乾かす(ラップ等不用)。←ドリップ(液体)が出次第ペーパー交換。
4日〜2週間(天気による)乾かして
完全な干物になればOK。
これを柔らかいなるまで炙って
一味マヨネーズにつけてどうぞ✨
お酒と合いますよ🥃


食味評価: 投稿者:エイ道楽 投稿日:2016/05/27
採れた場所:和歌山県  時期:5月上旬  料理方法:煮つけ
基本的に泥臭い。
その臭みをどうやって消すかが全て。

泥臭さを取る事が出来たらかなり美味しい。
煮つけにすると肉厚で何とも言えない。

但し、泥臭さを取り切れないと、ただ泥臭いだけ。
個体差もあるし、個体ハズレ、処理ハズレ、調理ハズレ、とにかくハズレは食えない。

胆の煮つけもオススメ。
胆とかカニみそとかは元々クセのある食材なので、肉部分のような泥臭さとはまた違う。


食味評価: 投稿者:鯖味噌 投稿日:2015/07/07
採れた場所:神奈川県(本牧海釣り施設)  時期:7月上旬  料理方法:煮付け
煮付けで食べたところ、身はカレイのようでした。柔らかくほわっとしています。
ただエイは魚と違いびっしりと軟骨があります。軟骨なので食べられはするのですが、結構口に当たって気になります。

皮は手で剥けるのですが結構力が必要です。
毒針除去のリスク、アンモニア臭を防ぐための血抜きと素早い内蔵除去、持ち帰り時の負担になる重量、皮を剥ぐ力仕事、食べれない胴体部分による大量の生ゴミ、口に当たる軟骨。

カレイのような身とはいえ、労力に見合う内容とは言いがたいです。


食味評価: 投稿者:TOKIO 投稿日:2013/03/23
採れた場所:宮崎県(県南)  時期:2月上旬  料理方法:唐揚げ、煮付け
釣ってすぐ血を抜き持ち帰り、ぬめりも丁寧にとって調理したが最高にまずい。
調理している段階ですでに臭い。
アカエイを食べた後は1日独特の臭みが口の中に残り、何を食べても不味く感じてしまう。


食味評価: 投稿者:Donto sapporo 投稿日:2008/03/26
採れた場所:国外(オーストラリア GC)  時期:7月上旬  料理方法:煮付け
軟骨好きにはたまらない一品です。
煮付け、から揚げどちらでもOK.


食味評価: 投稿者:田村颯登 投稿日:2007/11/11
採れた場所:岡山県  時期:7月上旬  料理方法:煮付け
まじーー


食味評価: 投稿者:jango 投稿日:2007/08/15
採れた場所:大分県(防波堤)  時期:8月上旬  料理方法:刺身、煮付け
見た目は、地球外生命体ですが。身は白身であっさりしてました。俗にアンモニア臭が強くて美味しくないと言われますが、皮表面のぬめりさえ金だわしなどで洗い落とせばOKです。刺身は全く癖が無いのですがかなり硬かったです。お湯であらいにしたらオバイケみたいになるそうなんで、次回挑戦します。


※魚の味の評価は季節や場所、食べた方の感覚によってよって大きく変動しますので、
あくまで参考としてご利用ください。★評価の凡例は、 こちら をご参照ください。


WEB魚図鑑 | 釣りフォーラム | 釣具通販Gear-Lab